1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 試してみる価値あり!快眠を叶える方法5選

試してみる価値あり!快眠を叶える方法5選

ライフスタイル
  74 Views

睡眠は、すこやかな生活を送るうえで欠かせない、重要なものといえます。ただ、なかには目覚めがすっきりしなかったり、何となく疲れが取れなかったりして、眠りの悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

充実した毎日を過ごすためには、睡眠の質を上げて、快眠を目指すことが大切です。ここでは、快眠を叶えるための方法をまとめました。

快眠の方法について!

 

快眠に必要な条件とは?

一般的に、快眠とは心も体もしっかり休息が取れるような、質の高い睡眠のことを指します。しかし、さまざまな要因が重なり、現実的にはなかなか快眠を実現できない人も多いものです。

快眠を叶えるためには自律神経や体内時計を整えたり、良好な睡眠環境を用意したりすることが重要です。そこで、以下の段落では快眠を実現させるための具体的な方法を紹介します。

 

1.日光を浴びて朝食を食べる

快眠を実現させるには、体内時計を整えることが重要です。体内時計を整えるための方法には、まず「日光を浴びる」ことが挙げられます。朝起きたらカーテンを開けて、太陽の光を全身に浴びましょう。

太陽の光を浴びることでセロトニンの分泌リズムや、深部体温などを司るとされる「体内時計」を整えることができます。また、太陽光は脳内を覚醒させ、すっきりとした目覚めを実現させるために役立ちます。

それに加えて、体内時計を整えるには「朝食をとる」こともポイントです。起床したては体温が低く、脳が充分に働きにくい状態といえます。朝食をとることで体を動かすためのエネルギー補給になり、脳の活性化につなげることができます。

 

2.適度に運動する

睡眠の質を上げるには、「適度な運動」を行うことも大切です。日中、適度に体を動かして疲労を蓄積させることで、夜になると自然に眠気が起こりやすくなるのです。

運動は自分の好きなタイミングかつ無理のない時間で行うと、習慣化させやすいでしょう。仕事やプライベートの用事などで忙しく、毎日運動する時間を確保するのが難しいという場合は、階段を意識的に使ったり、徒歩で移動するクセをつけることも良い手です。

 

3.湯船に入る

スムーズに眠りにつくためには、就寝前に「ぬるめのお湯につかって入浴」するのも良い方法だとされています。ぬるめのお湯にゆっくりつかることで副交感神経の働きが優位になり、心身をリラックスした状態に整えることができるのです。

また、入浴により温まった体温が徐々に低下することで、自然に眠りにつきやすい状態をつくることができます。入浴をする際は、お湯の温度に注意することがポイントです。

高温のお湯につかると、かえって体が温まりすぎて目がさえてしまったり、寝付きがわるくなったりする可能性があります。睡眠の質を高めるためにも、お湯はぬるめでリラックスできる温度に調整しましょう。

 

4.寝室の環境を整える

質の高い睡眠に近づくには、「室温」「寝具」「照明」などの、寝室環境を整えることが重要です。まず、室温は自分が心地よいと感じる温度に調整を行う必要があります。

なぜなら、室温が高すぎると汗をかいて寝苦しくなったり、反対に低すぎると寒さから目を覚ましてしまいやすくなったりする場合があるためです。

朝までぐっすり眠るためには、まず自分が快適に眠れる室温を知ることが大切です。また、室温は季節によって変化するため、そのときの季節に合わせて調整を行うこともポイントといえます。

さらに、眠りの質を高めるには寝具選びも重要な要素といえます。さわり心地が良かったり、寝心地が良かったりする寝具を選ぶことで、心身がリラックスしやすくなり、結果として眠りの質を高めやすくなることが期待できるのです。

 

5.瞑想や呼吸法を試す

快眠にとって、ストレスは大敵だとされています。日頃から仕事や人間関係などでストレスが多く、なかなか眠れないという人は、心身をリラックスした状態に導きやすくなるとされる「瞑想」や「呼吸法」を試すことも良い方法です。

具体的には、リラックス系のヨガや自律訓練法、マインドフルネス瞑想などの方法があります。就寝前にこれらの方法を試すことで深部体温が下がり、眠りにつきやすくなるでしょう。

瞑想や呼吸法を毎日の習慣に取り入れることで、睡眠の質の向上やすこやかな体づくりに役立てることができます。

 

快眠するために、逆にやってはいけないことは?

快眠のためにやると良いことがあれば、逆に快眠したいならやってはいけないこともあります。主に、やってはいけないこととして挙げられるのは、以下の4つです。

まず、1つ目は「寝酒」です。アルコールを分解する際に発生する物質には、睡眠を妨げたり眠りを浅くしたりする性質があるとされています。したがって、寝酒は快眠を遠ざける行為といえるのです。飲酒は適量を守り、就寝前は避けるように意識しましょう。

 

2つ目には「寝る前にブルーライトを浴びる」ことが挙げられます。スマホやタブレット、パソコンなどの画面から発せられるブルーライトは、脳に刺激を与え、眠気を遠ざけてしまうリスクが高まるとされています。

就寝前は、できるだけこれらの機器に触れないよう心がけることが大切です。

 

3つ目の「午後のカフェイン摂取」も、快眠を妨げる可能性があるため要注意です。カフェインを多量に摂取すると、交感神経が優位な状態が続きやすくなります。すると、結果として脳が休む時間が減り、睡眠の質が低下してしまうリスクが高まるのです。

 

4つ目は「お昼寝のしすぎ」が注意すべきポイントとして挙げられます。お昼寝を長くしすぎると、睡眠のリズムが乱れやすくなったり、夜になってもスムーズに眠りにつきにくくなったりする原因につながります。

そのため、日中に眠気を感じたとしても、お昼寝の時間を長く取りすぎないように注意が必要です。

 

このページのまとめ!

快眠する方法の必須条件5つ

  1. 日光を浴びて朝食を食べる
  2. 適度に運動する
  3. 湯船に入る
  4. 寝室の環境を整える
  5. 瞑想や呼吸法を試す

 

やってはいけないことは4つ!

  1. 寝酒
  2. 寝る前にブルーライトを浴びる
  3. 午後のカフェイン摂取
  4. お昼寝のしすぎ

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

CURRO(クロ):ワンランク上の『大人のオシャレ』『最強のフィジカル』を目指す!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

CURRO(クロ):ワンランク上の『大人のオシャレ』『最強のフィジカル』を目指す!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

CURRO.編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事中に眠いのはなぜ?原因や対処法を徹底解説

  • 安眠したい人必見!快眠グッズおすすめ5選

  • 早めの対処が重要!不眠症の原因と対策について

  • 試してみる価値あり!快眠を叶える方法5選

関連記事

  • 睡眠サプリとは?特徴や選び方のポイントを紹介

  • 仕事中に眠いのはなぜ?原因や対処法を徹底解説

  • 早めの対処が重要!不眠症の原因と対策について

  • 昼寝・寝だめは効果あり?睡眠負債を解消する〇つの方法!

  • 安眠したい人必見!快眠グッズおすすめ5選