1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 安眠したい人必見!快眠グッズおすすめ5選

安眠したい人必見!快眠グッズおすすめ5選

ライフスタイル
  33 Views

ベッドに横になってもなかなか寝付けなかったり、うとうとしてもすぐに目が覚めてしまったりしてぐっすり眠ることができずお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが快眠グッズです。上手に快眠グッズを取り入れて、心地よく質の良い眠りへと誘われましょう。

 

快眠グッズについて!

ベッドに横になってもなかなか寝付けなかったり、うとうとしてもすぐに目が覚めてしまったりしてぐっすり眠ることができずお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが快眠グッズです。上手に快眠グッズを取り入れて、心地よく質の良い眠りへと誘われましょう。

 

快眠グッズにはどんなものがある?

快適な眠りをサポートしてくれる快眠グッズにはいろいろな種類があります。寝具が体に合わない、外の灯りがまぶしいなど外的要因で不眠になっている場合には、眠りに適した環境へと整えてくれる快眠グッズを使うことで効果を期待できるでしょう。

寝室の環境は整っているのになかなか寝付けなかったり眠りが浅かったりする場合には、ストレスや悩み事など内的な要因が関係している可能性があります。心身ともにリラックスさせてくれるような快眠グッズが心地よい眠りをサポートしてくれます。

 

1.遮光カーテン

ぐっすり眠るためには静かで落ち着いた環境が必要です。特に、部屋を暗くすることはとても重要で、夜中に強い光を浴びると睡眠リズムが乱れてしまうともいわれています。

質の良い睡眠をとるためには部屋を暗くすることが大切ですが、朝早く目覚めてしまったり、夜間勤務で昼間に睡眠をとったりしなければならない人も中にはいることでしょう。

そういう人に最適なのが遮光カーテンです。光をほぼ完全に遮断して真っ暗にできるタイプのものから、かなり暗くてもなんとなく人の顔がわかる程度に遮断できるタイプまでその種類もバラエティに富んでいます。

自分の好みやライフスタイルに合わせて選んでみるとよいでしょう。朝早くから日が昇る夏場の日差しを避けたい人や、繁華街近くに住んでいて街の灯りが気になる人などにも適しています。

 

2.鼻腔拡張テープ

自分では気づかないうちにいびきをかいていて、一緒に寝ている家族にうるさいなどと指摘されたことがある人にうってつけなのが鼻腔拡張テープです。

鼻が詰まっていると自然と口呼吸になり、いびきの原因にもなってしまいます。口呼吸をしているといびきの騒音で周りの人に迷惑をかけるだけでなく、自分自身も口の中が乾燥して喉が痛くなったり免疫力が弱まったりしかねません。

また、口呼吸をしていびきをかいていると眠りも浅くなってしまいます。いびきをかくことが気になってぐっすり眠ることができなくなるとさらに悪循環です。

鼻腔拡張テープには鼻詰まりを改善する効果があるため、そういった悩みを解消してくれます。鼻の通りをよくする鼻腔拡張テープを使って、自分にとっても周りの人にとっても快適な環境を作り、質の良い睡眠を手に入れましょう。

 

3.アロマオイル

日々の緊張や疲れをほぐして心身ともにリラックスした状態にするにはアロマオイルが効果的です。中でも睡眠前に最適なのがラベンダーの香り。

フローラルな香りが特徴のラベンダーはリラックスできるアロマとしてよく知られています。ほかにも目の疲れや肩こりにも効果があるともいわれているので、夜眠る前にぴったりでしょう。

ベルガモットなどの柑橘系の香りは消化促進などの効果があるといわれているので、眠る前に体内の調子を整えたいときに適しています。白檀ともいわれるサンダルウッドはとても落ち着いた香りで風邪にも効果があるといわれています。

鎮静効果が期待できるネロリなどもよいでしょう。アロマオイルを快眠グッズとして手軽に使うには、ティッシュやコットンに軽くオイルをしみこませるだけでOKです。枕元に置いておくだけで気持ちもリラックスし、心地よい睡眠へと誘われることでしょう。

 

4.ハーブティー・サプリメント

気持ちをリラックスさせてくれるハーブティーは寝る前の飲み物として最適です。特に、カモミールティーは鎮静効果や発汗作用があるため体を温めてくれます。

寝る前に体がポカポカしてくれば自然とまぶたも落ちてすんなりと眠りにつけることでしょう。ローズやレモンバームなども鎮静効果が期待できるので、寝る前にぴったりのハーブティーです。

飲む快眠グッズはハーブティーだけではありません。快眠サプリメントも飲むだけで睡眠の質を高めるサポートをしてくれる健康補助食品です。

アミノ酸やハーブなどが主成分の快眠サプリメントは、不眠を根本的に解決するものではありませんが、上手に取り入れることで心地よい睡眠の手助けとなることでしょう。

 

5.マットレス・枕

快眠グッズの代表格ともいえるのがマットレスや枕です。体に合っていないマットレスを使っていれば体全体が痛くなってしまうこともあるでしょう。

高さの合わない枕であれば肩こりの原因にもなり、いびきをかいてしまうこともあるかもしれません。長時間をともに過ごすマットレスや枕だからこそ、自分に合ったものを選びましょう。

マットレスは、横たわったときにまっすぐ立っている状態を保てるものがよいでしょう。適度な弾力と寝返りの打ちやすさは重要なポイントです。

全身がきちんと支えられているかどうか実際に横になって確認するとよいでしょう。枕を選ぶときには、高すぎず低すぎず、首に圧迫感がない高さがベストです。

横向きになったときに肩が痛くないか、体に負担がかかっていないかなどもチェックしましょう。適度な硬さで寝返りを打ちやすいかどうかもマットレス同様重要なポイントです。

しっかり頭を支えられるが通気性はあまりよくない低反発や、通気性がよく質感は柔らかいが頭を支える力が不足している羽毛など、素材によっても個性が異なります。自分に合った寝具を選んで、睡眠時間を心地よいものにしましょう。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

CURRO(クロ):ワンランク上の『大人のオシャレ』を目指す!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

CURRO(クロ):ワンランク上の『大人のオシャレ』を目指す!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

CURRO.編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事中に眠いのはなぜ?原因や対処法を徹底解説

  • 安眠したい人必見!快眠グッズおすすめ5選

  • 早めの対処が重要!不眠症の原因と対策について

  • 試してみる価値あり!快眠を叶える方法5選

関連記事

  • 試してみる価値あり!快眠を叶える方法5選

  • 仕事中に眠いのはなぜ?原因や対処法を徹底解説

  • 睡眠サプリとは?特徴や選び方のポイントを紹介

  • 早めの対処が重要!不眠症の原因と対策について

  • 昼寝・寝だめは効果あり?睡眠負債を解消する〇つの方法!